ゑみや洋服店

Home > ゑみや洋服店スタッフ珍道中 イタリア編

ゑみや洋服店スタッフ珍道中 イタリア編 Archive

11:2日目

今回のイタリアピッティの旅は8人で現地を訪れた、我々ゑみや洋服店の3名以外に、いつも一緒に訪れる同じ洋服店の経営者、K氏とT氏、そしてそのそれぞれのスタッフ3名の合わせて8名である。

ここフィレンツェでの部屋割りは、喫煙者の加減でツインにボクとK氏が同室に入ることにした。

K氏とはここ数年、年に1度の旅ではいつも一緒で、大変気心が知れているので快適である。

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9_51

最初の朝も、いつも通り少し早く目覚めると、早朝のフィレンツェの街にカメラ片手に散歩に出る。

恒例の行事である。

空気が乾燥しているので、朝の街はとても涼しく、肌寒いぐらいである。

慣れ親しんだいつものポンテベッキオ(ベッキオ橋)をバックに記念撮影。

dsc09866

何度来ても石畳と歴史ある街並みはとても素敵で、こんな風に古い建物や景観を守り続けることの大切さをいつも思い知らされる。

フィレンツェの街はコンパクトな街であるがゆえ、4回ほど訪れると、だいたいの地図は頭に入る。

なので、ほぼ地図なしで回れるのも魅力である。(その分刺激が無くなっているのも事実だが…)

%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%ad%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9_48

それなりに歩き、朝食の時間が近づいたのでホテルに戻り、朝食のビュッフェに向かう。

8時から朝食とは聞いていたが、8時に行ってもまだ朝食の部屋の鍵は閉まったまんま。

日本人は時間に正確すぎるのだと思う(笑)

待つこと10分、朝食担当の女性がやってきて、部屋の前にいるボクらを見て苦笑い。

鍵を開けてもらい、部屋に入り、女性が運んできた、パンやハム、チーズなどを皿に取り、飲み物を注文してようやく朝食開始。

%e9%85%92%e4%ba%951%e3%80%80%e3%82%88%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%8a%e4%bd%bf%e3%81%84%e3%81%8f%e3%81%a0%e3%81%95%e3%81%84%e3%80%82_233

腹8分目で終えて、部屋に戻り、支度をし、本番のピッティ会場を目指す。

さて、いよいよお目当てのブースでの買い付けが始まる。

楽しい時間であるが、大切な限られた1日である。

つづく

10:雷雨

ホテル「マルボ・フローレンス」で着替えを済ませ、荷物を預け、この日から始まっている今回の旅のメインである、90回目を迎える「ピッティイマジネウォモ(以下ピッティ)」に向かう。

DSC09805

旅行代理店に務める義姉が会場の位置を考慮しホテルを押えてくれていたので、徒歩で5分強でピッティが開催されているバッソ要塞に到着する。

 

会場の前にはもうすでに多くのカメラマンが次から次へと訪れる来場者をカメラに収めていく。

DSC09808

不思議なものでこの見本市に訪れる来場者はカメラを向けられても、決して嫌がらない。

嫌がるどころか逆に自然なポーズを取り、モデルさながらな動きである。

 

4回目ともなるとあまり感動は無いものだが、やはり初めてのインパクトはとても強く、スタッフの岩永も原田も思わず歓声を上げる。

 

まずは定番の入り口の看板前で記念撮影から…

DSC09814

スタッフと一緒にこの地を踏めて本当に幸せである。

そして場内へ…

DSC09818

場内の模様は改めて書くとするが、この日はあくまでも下見。

 

とりあえず昼食がまだということで、ピッティに訪れると必ず一度は訪れる知る人ぞ知る秘密のレストランへ向かう。

ここはピッティ会場内に存在し、日本人バイヤーのみが入場を許される特別なレストラン。

イタリアンとワインが好きなだけ楽しめてなんと無料なのである。

(秘密のレストランなので画像もない(笑))

 

往路道中の移動の疲れをほぐしながら、昼食とワインを頂いていると突然の雷。

そしてスコールのような雨が降る。

食事が終わる頃にはすっかりと雨は上がっていた。

 

今回の旅で雨が降ったのは後にも先にもこの一度だけであった。

 

その後、ピッティのメイン会場などを2時間ほど下見し、明日の本番に向けてお目当てのブースの位置などを確認し、この日は早々に引き上げることにする。

 

この日は長らく移動だったので体力をを温存し早めの夕食に向かうことにした。

初日の夕食に選んだお店は「ビアンコ・ロッソ」という毎回フィレンツェを訪れるたびにお世話になるイタリアンのお店である。

実はこのお店は、豊福さんという日本人女性がオーナーのお店。

DSC09819

豊福さんの創るイタリアンは日本人の口にあうとても美味しい料理であり、うどんや焼き飯、味噌汁などもメニューに並ぶ。

日本人スタッフもいるので、何より日本語が通じるのが嬉しいところでもあるが(笑)

DSC09822

いつも6月に訪れるときには、前もって行く日を伝えておくと大好物のポルチーニ茸を用意してくれる。

日本ではあまり手に入らない生のポルチーニ茸を豪快にステーキでいただくのがとても幸せである。

DSC09828

豊福さんとまた来ることを約束して店を出る。

DSC09842

移動も含めてのとても長い一日を終え、ホテルに戻りシャワーを浴びて早めにベッドに潜り込む。

DSC09844

さて翌日からいよいよ本番である。

わくわくを胸に泥のように眠り込んだ。

 

つづく

09:花の都

それでも、順調にフィレンツェ行きのゲートには出発の1時間前、搭乗開始の30分前にたどり着いた。

Fの26ゲートがその搭乗口である。

 

過去4回ほどのフィレンツェ出張の内、3回はこの2Fターミナルからの乗継であり、見慣れた風景がそこにはある。

いつも、出発までの待ち時間に利用する大勢の客で賑わっているカフェは開店準備中である。

程なくして開店したカフェにまずは席を取り、各々好きなドリンクを購入ししばし談笑する。

 

そして、搭乗開始のアナウンスが始まり、ゲートの前には同じ機に乗り込む人の長い列ができる。

 

出発が近づき、列が少し短くなったのを確認して、まだまだ眠い目をこすりながら、フィレンツェ行きの飛行機に乗り込む。

搭乗も最後の方だったので、ほぼ乗り込んですぐ機体はゆっくりと滑走路に向けて動き出す。

 

機内はほぼ満席であり、いかにもアパレルの業界の人だなぁという人達が結構な確率で乗っているのがわかる。

 

シャルル・ド・ゴールからフィレンツェのフライトは約2時間。

フライト中には簡単な朝食(ドリンクとパン)が出される。

この日2回めの朝食である。

DSC09793

万年雪が残るアルプス山脈を眼下に、飛行機はイタリア上空を南へ向かう。

2時間はあっという間に過ぎ、高度を下げ、フィレンツェの空港に着陸する。

 

フィレンツェは英語ではフローレンスといい、古代ローマ時代花の女神の街として栄えたのでフロレンティアと呼ばれ、現在ではフィレンツェと言う地名になっているらしい。

日本では花の都といえば「パリ」が有名だが、こちらフィレンツェが本当の花の都なのである。

 

さておき、フィレンツェの空港に到着したのが9時過ぎである。

時間のかかるトランクをターンテーブルで受け取り、空港を出たのが10時頃。

DSC09798

空港からホテルのある市内中心部まではタクシーで均一料金の22ユーロ

荷物1個につき1ユーロ(5個まで)なので4人乗ると26ユーロのはずだが、計算通り払った試しはなく、なぜかいつも少し(2〜3ユーロ)高い。

イタリア語もわからないしいちいち交渉も面倒なので、チップ程度の金額ならならだまって支払う。

 

今回のホテルはフィレンツェの中央駅「サンタ・マリア・ノヴェッラ駅」に近く、ピッティ・ウォモの会場も徒歩5分と最適な立地である。

 

ホテルに到着したのが11:30頃。

B&Bマルボフローレンス がこの日から3泊お世話になるホテルである。

 

この看板のみ出ているだけで、あとは薄暗い階段を恐る恐る3Fまで登ると鉄扉があり、入り口となっている。

DSC09804

 

今流行りのB&B(ベッド・アンド・ブレックファースト)である。

各部屋ごとにこの入り口の鉄扉の鍵を渡され、出入りも自由なのでコレはコレで使い勝手が良さそうである。

 

とにかく荷物を預け、着替えを済ませ、はやる気持ちを抑えつつ、初日午後からピッティー・ウォモへ向かうのである。

つづく

 

 

 

 

Home > ゑみや洋服店スタッフ珍道中 イタリア編



カレンダー
« 先月 2017年 10月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン