ゑみや洋服店

Home > オーダースーツ

オーダースーツ Archive

一世紀前のションヘル織機が織りなす超!味のある服地

愛知県の尾州地区といえば、日本有数の毛織物の産地。

国産のウール生地のほとんどは古くからこの地域で織られている。

 

ここに、ションヘル織機といわれる、いわばヴィンテージ織機が存在する。

約1世紀前にドイツで発明され、毛織物の織機で一世を風靡した名織機である。

50年ほど前までは製造されていたが、現代ではコンピューター制御の新型高速織機の開発が進み、その製造はもちろん、部品の供給も終了し、現在では数台のションヘル織機を熟練の職人が自らメンテナンスを行い維持している。

織機写真

新型の高速織機に比べるとその性能の差は顕著で、同じ時間で織ることができる生地は5分の1以下ととても少なく、生産効率が悪いため、多くのションヘル織機は「時代遅れの織機」として多くの紡績工場より姿を消していったのだ。

ところが、昨今、このションヘル織機で織った生地が見直されている。

とにかく生産スピードが5分の1以下と大変遅いゆえに、ウールにかかるテンションが低く、極力ストレスがかからず、ウール本来の持つ風合いや特徴を最大限生かした生地に仕上がるのである。

シャットル写真

ションヘル織機で織られる毛織物は、現存する織機の台数が限られ、世界的にも希少性が高まっており、実際に残っている織機とこの織機を支える職人が最後の世代であろうと言われています。

 

この生地に名付けられた「Colchis(コルキス)」という名前は、ギリシャ神話に出てくる秘宝の一つ「金羊毛」のことであり、金色の羊の毛を所有していた王国の名前が由来である。

日本が誇る毛織物王国「愛知県尾州産地」で「ションヘル織機」を使用して織った生地はまさに「金羊毛」と呼ぶのにふさわしい希少性が高い生地なのだ。

colchis

この度、ゑみや洋服店でも、国産ながら希少性の高いコルキス生地をスーツ、ジャケットとも取り扱う。

その生地の特徴を見てみよう。

 

【スーツ生地】

17マイクロンの極細で希少な原毛を手間をかけより合わせ、あえてやや太めの60番手の双糸に仕上げた糸を使用する。

この糸をションヘル織機で織り上げることにより、非常に柔らかいながら、しっかりとコシのある素材に仕上がっている。

ヴィンテージ調の色柄を中心にクラシックな色柄のコレクションとなり、落ち着いた大人の印象である。

仕立て映えが素晴らしく、風格のある一着が仕立てあがる優良な服地である。

 

【ジャケット生地】

イタリアでも最近流行の生地を意識した異素材をミックスした生地が中心のコレクション。

無地、ストライプ、格子のいずれも、和のテイストを感じさせる色合いとデザインはメイドインジャパンならでは。

また、ポリエステル混紡でニット風の風合いを出した無地のコレクションは盛夏にも軽く羽織ることのできるジャケットにおすすめ。

 

このように、インポート生地とは一線を画すコレクションとなっており、今期ゑみや洋服店もパワープッシュでおすすめしていきたい逸品である。

ぜひ、来店いただき、手に取って半世紀以上前の織機の優秀さを感じていただきたいところである。

ゑみや洋服店 店長 江見真也

ゑみや洋服店で社会人一着目のオーダースーツを仕立てる5つのメリット

4月からの新年度を控え、新卒、社会人デビューのみなさまのご来店が増えてきました!

学生から社会人の第一歩を踏み出す春。

そこで!

「ゑみや洋服店で社会人一着目のオーダースーツを仕立てる5つのメリット」

をお伝えします。

images

①サイズ感の最適なスーツが手に入る

当然ですがゑみや洋服店のオーダースーツは、トレンドを踏まえながら、着る方の身体に合わせて作成します。

既製品では限界のあるフィット感と、スタイル、そしてビジネスウェアにふさわしい最適な上着丈やパンツ丈を、経験値の高い、ビジネスウェアに精通したスタッフがご提案させていただきます。

 

②ビジネスウェアの正しい着こなしが学べる

ビジネスウェアの着こなしはルールの上に成り立っており、そのクラシックなルールをまずは最初に学ぶことで、多様な着こなしにも応用が効きます。

多くの日本人が間違っているビジネスウェアの着こなし。ご注文にあたりそのクラシックなルールを解説させていただきます。

 

③愛着ある一着で印象が変わる

制作の打ち合わせから関わり、一緒に創りあげるオーダースーツ。

嫌がおうにもスーツへの愛着は高まり、仕事のモチベーションが上がり、自信につながり、着るだけで顔つきや姿勢まで変わります。

 

④着こなしで差がつく、損をしない

ファーストスーツはビジネスウェアの基本に忠実にご提案させていただきます。

そのため、どんな場所でどんな方にお会いしても失礼のないスーツとその着こなしをお約束させていただきます。

もちろん、上司受けもバッチリです。

 

⑤一生付き合える洋服屋ができる

専門店ならではの経験豊富なスタッフが、入れ替わることなくお客様の対応をすることができるため、ストレスなく長い年月においてお客様のビジネスウェアのサポートをさせていただけます。

心地よい店内で馴染みのスタッフと談笑しながらオーダーするビジネスウェア。

着こなしのご相談もお気軽に。

002

 

いかがでしたか?

ゑみや洋服店で社会人最初の一着目のスーツをご注文することで、ビジネスウェアを通して、豊かな社会人ライフをお約束致します。

お子様やお孫さんへの想いのこもったプレゼントとしても思い出に残る一着になります。

また、一着目のスーツで恥を欠かせないのも親御さんからの大切なプレゼントですね!

なお2月25日までにご注文を頂きますと3月末にお納めが可能です。

 

まずはお電話でお問い合わせください。

0120-86-2917

スタッフ一同心よりお待ちしております。

英国老舗マーチャントより春に向けて新しいバンチブックが届いたぞ!

2018年春夏モノの新しいボディ(生地品質)のバンチブック(生地見本帳)が

ハリソンズオブエジンバラより3冊も届いたのでご紹介いたします。

2018-02-02-17-42-34

 

赤いバンチブックが印象的ですね!

 

 

昨今のビジネスウェアの流れとしては世界中で、よりクラシックに、

よりベーシックに英国調が支持されつつあり、

英国生地が再び脚光を浴びつつあります。

 

今回も新ボディの新バンチということでとても楽しみです。

今日はその中で2種類の生地をご紹介します!

 

まず一つ目は…

IMG_20180202_173903270_HDR

 

「Spring Ram(スプリングラム)」です。

 

チェビオットウールという英国の固有種である羊の原毛を50%以上使用し、

2PLY、3PLYという強撚糸に紡績し、

355/375gmsというしっかりとしたヘビーウェイトの目付けで

昔ながらの英国生地のリバイバルのような生地に織り上げた、

マニアにはたまらない生地となっています。

 

その特徴は、ヘビーウェイトの生地ならではの重量感と、

独特なザラッとした手触り。

そして、強撚糸ならではの防シワ性と耐久性を誇ります。

IMG_20180202_184758997_HDR

原毛の採取から製織、仕上げまでの工程を、

英国生地の聖地「ハダースフィールド」近郊20km圏内で行っており、

地域に根ざしたものづくりと、エコの側面からも高い評価を得ています。

 

真冬以外の季節のトラベルスーツや、ブレザー、パンツにも幅広くおすすめしたい、

 

そして2つ目のバンチブックは…

IMG_20180202_174317338_HDR

 

「REQUIEM(レクイエム)」です。

 

こちらのボディは従来どおりのメリノ種のウールを

220/240gmsというライトウェイトに織り上げたサマースーティングファブリックです。

 

英国の老舗マーチャントが贈るライトウェイト生地の特筆すべきは、

このウェイトでも緯(横)糸に双糸を使用しているところです。

(通常このウェイトの生地は横糸は単糸がほとんど)

IMG_20180202_184913201_HDR

経、緯糸とも双糸で織り上げた生地は、

生地の目付けがしっかりしているお陰で、

縫製後の仕立て映えにも大きな影響を与えています。

 

盛夏の時期にもスーツ着用を求められるビジネスマンに

抜群の清涼感と快適な着心地を…

というハリソンズからのメッセージにも納得な生地です。

 

どちらも、全く違う性質の生地ながら、

クラシックな英国調の色柄と、歴史の重みを感じさせる生地です。

 

長く、愛着を持って使用いただけるスーツファブリックです。

ぜひ、店頭でお手にとってお確かめください。

Home > オーダースーツ



カレンダー
« 先月 2018年 5月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン