ゑみや洋服店

Home > オーダースーツ

オーダースーツ Archive

店長江見のスーツを創る過程を動画にしてみた(オーダースーツの注文の流れ)

今回のブログは店長江見がこれぞ「平服」にふさわしいスーツを作成するプロセスを、

①生地選び編

②打ち合わせ編1

③打ち合わせ編2

④裏地・ボタン選び編

⑤出来上がり編

と実際にオーダースーツを注文して出来上がる流れで収録してみた。

ゑみや洋服店ではおおよそこのような流れでお客様のご注文を形にしていく。

それでは実際にご覧いただこう!

FB_IMG_1600332888327

⇧店長江見のアバター(笑)

 

①生地選び編

実際にはお客様の着用するシーンを思い浮かべながら「誰にモテたいのか?(好印象を与えたいか?)」をお聞きし実際の生地選びを行うので、動画のようにスムーズにはいかないことも多いが、ゑみや洋服店のフィッターはTPOと予算に合わせて最適な生地を提案できるよう、毎年新作であふれる生地に目を通し、新素材への学習も常に行っているのである。

 

②打ち合わせ編1

この動画はスーツのジャケットの部分の細かい打ち合わせを行っている動画である。

ジャケットについてはポケットやステッチ等、相当な打ち合わせのポイントが存在し選択していく必要がある。

しかし、パーツごとに様々なルーツや意味が存在するため、闇雲に選ぶと破綻につながる。

そのためフィッターはお客様の着用のTPOにふさわしいパーツごとのアドバイスを行い、最適な一着に仕上げていくのである。

 

③打ち合わせ編2

この動画は主に、パンツとベストの打ち合わせを行っている動画である。

ジャケットと同様にパーツごとに説明をさせていただきながら、お客様と一緒にスーツを作り上げていく。

このしっかりと語り合う時間こそが、オーダースーツの別名「Be Spoke(ビスポーク)」と言われる所以なのである。

 

④裏地・ボタン選び編

スーツのデザインが決まると、あとは付属と呼ばれる裏地やボタンの打ち合わせに入る。

スーツの外観からはほぼ見えることのない裏地。

そして、外観からすぐ目に入るボタン。

裏地については自己満足な部分も多くお客様次第なセレクトで良いが、ボタンについては選ぶボタンによって、スーツが上質に見えたり、安っぽくなったりと重要なポイントである。

ボタンについてもフィッターがアドバイスをさせていただくのでご安心を…

 

そして、実際にはここで採寸をし、スーツの各サイズとお客様の体型の癖をチェックする大切な工程がある。

採寸は多くの経験を積んだ熟練のフィッターだからこそ最適な寸法を割り出せる。

経験がものを言う最大のポイントである。

 

⑤出来上がり編

そして1ヶ月〜2ヶ月の納期を経て、オーダースーツが出来上がってくる。

出来上がりの洋服に袖を通すタイミングは最高な気分である。

実際にはフィッターにより最終のフィッティング(試着してチェック)を行い、不具合が無いか確認を行い、問題がなければお納めし、微調整が必要な場合はお預かりの上、調整して納品となる。

 

大雑把ではあるが、これがゑみや洋服店のオーダースーツの作成の流れである。

初めての注文はやはりわからないことだらけだろうが、安心してフィッターにおまかせいただければ、TPOにあった最良の一着をご用意できるだろう。

イタリアと日本が合作で生んだ究極の略礼服生地が届きました

チェルッティー社といえば、イタリアでも5本の指に入る名門の生地ブランド&メーカー。

そのチェッルッティーブランドの略礼服生地がゑみや洋服店に届きました。

IMG20200818141553

この生地のトピックはなんと言っても「日本製」であるということ。

IMG20200818143316_2

 

まず生地の耳(端)をご覧いただくと「JAPANESE ARTISAN」という文字がご覧いただける。

訳すと「日本の職人」とか「匠」とかいう感じだろうか?(⇩写真参照)

IMG20200818141631

 

JAPANSES ARTISAN BY LANIFICIO F.LLI CERRUTI DAL 1881

では、いったいこの生地はどの様にできて、なぜ日本製なのかを紐解いて行きたいと思う。

 

まず、このなめらかでドレープ感のきれいなこの上質な生地自体は正真正銘のイタリアのチェルッティ社が織ったもので有ることは間違いない。

まず、結論から言うとこの生地はチェルッティ社が上質な原毛から生機(キバタ:着色しない糸で織られた生地)を作成し、その生機を日本に持ってきて、日本で染め、そしてフィニッシュ(整理・仕上げ)を行った生地なのである。

最終工程を行った場所が原産国表示に表示されるので「日本製」なのである。

 

では、なぜまたそんな面倒くさいことをしているのか書いてみたいと思う。

古来から日本では黒留袖(着物)の文化があり、その生地の黒さが濃ければ濃いほど上質であるという価値観が生まれ、生地職人は濃黒に染めることを競い合った。

その技術は今でも受け継がれ、良い水にも恵まれた日本は世界一生地を黒く染める技術を持っているのである。

これは着物とは違うが略礼服などにもその価値観は根付いており、略礼服も濃黒であればあるほどよいものとされ、より黒く染める技術は略礼服に用いる、ウールファブリックにまで及んだのである。

 

ここで、わざわざイタリアの生地を染めなくても日本製の生地を染めればいいのでは?という疑問が生まれる。

確かにウールで創った生地には代わりはない。

 

世界の有名なウール生地の生産国といえば、いわずもがなイギリスとイタリアに集約される。

この2国の生地は明らかに差があり、簡単に言うとしっかり目で保守的なイギリス生地と柔らかく光沢のあるイタリア生地が特徴である(昨今ではその特徴も曖昧になってはいるが…)

この違いはいろいろな要因があるが、織り機の違いによるものもその1つである。

 

日本の毛織会社はドイツを中心に発達し、英国でよく見られる織り機がそのルーツであり、どちらかというと英国織物に近い製品が多い。

イタリアは独自に開発した織り機で織られるため英国織物とは一味違うのである。

 

独特のきれいなドレープ感があり優雅に見える生地はイタリアのお家芸なのである。

そんな生地に日本のお家芸である濃黒染めを施した生地が、今回届いたこの略礼服生地なのである。

いわゆるイタリア✕日本のいいとこ取りメイドインジャパン生地なのである。

 

1クラス上の略礼服をお求めなら、ちょっと優雅で表面もクリアなこの上質生地をおすすめいたします。

真夏のオーダーコートフェア2020

「夏にコートをオーダーするのは賢者の選択」

真夏のオーダーコートフェア

ゑみや洋服店の真夏のオーダーコートフェアが始まりました。

今、この時期にコートのオーダーをおすすめするのは3つのメリットがあるからです。

その③つとは…

早い!安い!うまい!

の3つです(笑)

牛丼屋チェーンかよ!って言ったあなた!そのとおりです。

でもちょっと違うので解説していきますね。

⇩文章を読むのが苦手な方は下の動画を御覧ください。

 

①早い!

残念ながら早くできるってわけではありません。

早期ご注文なので、コートが最も必要になったとき…そう10月末以降にはすぐに着用できる新調したオーダーコート出来上がっているということです。

コートの需要は気温が下がり、寒さを感じだした頃一気に高まります。

オーダーコートのファクトリーもその頃から一気に受注が増え、納期がとんでもなく長くなっていくのです。

特に南北に長い国日本では、北から順にコートの需要が増えてきます。

ゑみや洋服店のある神戸が寒くなりだした頃には、もうすでにファクトリーはいつもキャパオーバーになり長い納期をお客様にお願いすることになります。

素敵なコートを着て最も出かけたい時期はなんと言ってもクリスマスシーズンから年始にかけて…

寒くなってからのご注文だとその時期にお納めできないこともありえます。

なので、真夏にご準備いただくことをおすすめしています。

 

②安い!

これは、読んで字のごとく「安い」です。

まず、ファクトリーは冬に向けての準備段階でまだとても空いています。

この時期に、ファクトリーの都合に合わせて縫製に回しますので、繁盛期よりリーズナブルにお願いすることができます。

また生地に至っても、コートが売れる時期にはまだまだ早い時期なので、生地商社さんも早期割引価格で生地を提供していただけます。

この様にファクトリーも生地商社さんもお値引きをいただくことで、通常の販売価格の20%OFFでご注文をお受けすることができるのです。

コートはもともと単価が高い商品ですので、20%の金額もバカになりません。

さらにこの夏は限定でWEB限定ですが神戸プレミアムチケットの購入で更にお得にお買い物いただけます。

ここは見逃せないメリットですね!

⇩神戸プレミアムチケットについてはこちらのブログ生地を御覧ください。
http://www.emiya.co.jp/blog/?p=13630 (ゑみやBlog)

 

③うまい!

もちろん「美味しい」わけではありません(笑)

ファクトリーの閑散期に、ファクトリーの都合を100%聞きながら縫製いたします。

仕事量の少ない時期に、長めの納期を頂戴して縫製するということです。

なので、ファクトリーも十分に能力を発揮し、妥協せず時間をかけた丁寧な(うまい)仕事をしてくれます。

繁盛期では行き届かないきめの細かい縫製で仕上がってくるので我々販売側も安心、お客様も喜んで頂いております。

 

というわけで、夏にオーダーコートを注文するのは賢者の選択なのです。

 

さて、真夏のオーダーコートフェアの詳細は以下の通り

期間:2020年8月8日(土)〜9月6日(日)

ぜひこの機会に素敵なオーダーコートをご注文ください。

ご来店のご予約をお待ちしています。

Home > オーダースーツ



カレンダー
« 先月 2020年 9月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン