ゑみや洋服店

Home > 007四方山話

007四方山話 Archive

仁川国際空港からヒースロー空港へ② (VISIT UK 2017 Vol.05)

前回の話題では機内食の話をし、

ヒースロー空港へ一旦到着したのだが、

今回はまたまた機内に戻りどのように過ごしたかを書いてみたいと思う。

もちろん12時間食べっぱなしというわけではない(笑)

 

もちろんうたた寝もするが、往路では気持ちが興奮してあまりぐっすり寝ることもない。

うたた寝と3回の食事の時間が全部で5時間として、

残りの7時間をどのように有意義に過ごすかがいつもの課題である。

 

おおよそ今までの旅ではその時間に特に目的を持たず

大抵の場合、座席の前には液晶パネルがあり、

各航空会社が様々なムービープログラムを用意してくれているので

なんとなくそれを鑑賞するのが常である。

0577f696

↑座席の液晶パネル

 

航空会社によっては、日本公開前の作品が見れたりと、

ソレはソレでとても楽しみなエンターテイメントであり、

まず座席についたら真っ先に新作の一覧には必ず目を通す。

 

しかし今回はその時間の間にやるべき目的をもって機内に乗り込んだのである。

それは…

 

持参したタブレットに予め購入、ダウンロードしておいた、ある映画3本を観ることである。

 

懸命なゑみやブログ読者ならすぐにお気づきかと思うが、

その映画は…

もちろん007シリーズである(笑)

 

以下3つが今回のフライトで観た作品である。

 

24作目 スペクター

b593a6e9

23作目 スカイフォール

sim

22作目 慰めの報酬

134529816316613119377_quantum_of_solace_ver2

いままで何度も見てきた映画で、

見ているときにはあまり意識してなかったのだが、

改めてダウンロードして気づいたことがある。

 

スペクター 2時間28分6秒

スカイフォール 2時間23分8秒

慰めの報酬 1時間46分12秒…

 

と慰めの報酬を除いては、一般的な娯楽映画よりもかなり長いのである。

実はもう一つ前の作品 カジノ・ロワイヤルも2時間24分31秒である。

 

実はこのフライト中にダニエル・クレイグのボンド4作品見たかったのだが、

合計すると時間的に無理がありそうなので、3作品に絞ったのだ。

 

予めロンドン市内をあちこち歩き回る前に、そのロケ地を確認しておきたかったのである。

 

特にスカイフォールとスペクターではロンドンでのロケがあり、

街の端々が映画の中に散りばめられているらしい。

 

最初の機内食が終わり、その合間を縫って

22作目「慰めの報酬」から順に鑑賞を始める。

眠くなれば寝て、目が覚めればまた観る。

 

それの繰り返しで3本を鑑賞した頃には、到着の1時間半ほど前になっていた。

 

「洋服の聖地を巡る旅」と同時に「ボンドに出会う旅」の予習はほぼ完了(笑)

 

その後、最後の機内食が座席に配られ

食べ終えて、いよいよヒースロー空港に着陸する。

 

まってろ!ジェームズ・ボンド!

世界でたった10台!?映画のためだけに創られた特別なビークル

世界にたった10台しか制作されていないボンドカーがあるのです。

 

こんにちは007大好きスタイリスト 江見真也です

 

さて、歴代のジェームズ・ボンドが乗るビークルはアストン・マーティンをはじめ、

ラグジュアリーでありながら

猛烈なパワーを持ったスポーツカーが選ばれることが多いですが、

通常はその時代に合わせた市販されているビークルが登場します。

 

ところが、最も直近の作品「スペクター」で登場したボンドカー、

アストンマーティンDB10は他のボンドカーとは違います。

↑劇中Qとのやり取りからのローマでのカーチェイスのシーンをお楽しみ下さい。

 

このDB10は実はアストン・マーティンが「007スペクター」用に10台のみ生産した、

全く市販がされていない特別なビークルなのです。

 

この10台の内8台は前回のブログでお話した通り

ローマのシーンでのカーチェイスに使用され大破したものも多いそうです。

 

では、あと2台はどこに?

気になりますよね?

 

1台はプロモーション用に使用されたそうで、

映画のPRのために大活躍したそうです。

 

そして最後の一台は…

実は2016年2月18日にロンドンのクリスティーズにおいて開催された、

チャリティー・オークション「James Bond SPECTRE: The Auction」に出品され、

落札されました。

Aston_Martin_DB10_2015

購入のチャンスがあったのはこのオークションの1台のみ。

その世界唯一一般人が手に入れることのできるDB10の落札価格とは…

 

なんと210万ポンド!手数料を入れると2,434,500ポンドとなります。

ポンドで言われてもピンとこないでしょうが、

当時のレート166円で計算すると、なんと4億円以上の価格がついたのです!

Aston_Martin_DB10_2015_-_rear

ちなみにこのDB10の主要諸元は

6速マニュアルで4.7リッターV8エンジン。

全長4410ミリ、幅2109ミリ。

色は「スペクター・シルバー」。

外装はカーボン・ファイバー。

だそうです。参考まで(笑)

 

ここでこのビークルにまつわるもう一つのトリビアですが…

 

実際にアストン・マーティンの職人がハンドビルドした

素晴らしい作品といっても過言ではないビークルで、

3.2秒で時速100kmに達するモンスターマシンです。

 

ところがあくまでも映画撮影用に作成したビークルであり、

通常の市販車を創るための工程を踏んでおらず、

すなわち、公道で走るための許可を一切得ていない、

そして、通常の販売モデルなら必須な耐久テストなども受けていないので、

一切公道では乗ることは不可能であり、

私有地を走らせるか、眺めるしか無いビークルなのです。

 

そんな、街を走れない4億円のDB10

一体どんな人が落札したのががとっても気になる今日このごろです。

超激レア007グッズご紹介!

007マニアにはたまらないゑみや洋服店秘蔵の超激レアな007グッズご紹介します。

 

こんにちは!007大好きスタイリスト江見真也です。

 

さて今日もゑみや洋服店の007ミュージアムより、

超激レアグッズをご紹介しちゃいます。

 

最新作007スペクターの劇中では様々なカーチェイスが繰り広げられます。

その中でも夜のローマで繰り広げられたカーチェイスは最も激しいものでしょう。

この時登場するビークルは、

ジェームズ・ボンドが駆るシルバーの「アストンマーティンDB10」と、

超肉体派なボンドの強敵ヒンクスが駆るメタリックオレンジの「ジャガーC-X75」

↑まずはロケの風景を御覧ください。

 

ビークルの話はまた別の機会に話すとして、

この深夜のローマの街を通行止めにして行われたロケは、

かなり大規模で、なんと8台のアストンと7台のジャガーが使われたそうだから驚きです。

 

さて今回のレアグッズは、

敵役のヒンクスが運転するジャガーC-X75!!!

 

 

のキーチェーンです(笑)

IMG_20170625_161134599

どこにでもありそうなキーチェーンですが、どこがレアなのか…

 

このキーチェーンは当店のお客様で、

大のボンドフリークな田中様よりいただいたもの。

今回のスペクターで初めてオフィシャルパートナーとなった、

ジャガー・ランドローバー社が行った封切りよりも1ヶ月以上前に行われる、

特別試写会でプレミアムとして配られた非売品!なのです。

大切なことなので繰り返します。

非売品!なのです。

 

「非売品」なんと素敵な響きなのでしょうか(笑)

 

特別試写会に招待され、参加した人のみがもらえるキーチェーン。

超レア具合がお分かりいただけたでしょうか?(笑)

 

これがその特別な招待状!(ボクが招待されたわけではないので念のため)

IMG_20170625_161339686

小さいながらずっしりと重いシルバーボディ。

IMG_20170625_161134599

裏面には007の刻印と、Jaguar Land Rover Ltd.の文字

IMG_20170625_161117836

こんなしっかりとした化粧箱に…

IMG_20170625_161207794

このように収められておりました。

IMG_20170625_161237363

大きさはコレぐらい。

IMG_20170625_161146708_BURST000_COVER_TOP

 

そんな貴重なキーチェーンを気前よくプレゼントいただいた田中さまありがとうございます。

実はコレ以外にもいろいろいただいちゃってますが、ボチボチご紹介しますね〜

 

というわけで、今日も商売に全く関係のない007話でした〜(笑)

 

店頭奥のコーナーに展示してますので見に来てね〜

Home > 007四方山話



カレンダー
« 先月 2017年 8月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン