ゑみや洋服店

Home > 007四方山話

007四方山話 Archive

超激レア007グッズご紹介!

007マニアにはたまらないゑみや洋服店秘蔵の超激レアな007グッズご紹介します。

 

こんにちは!007大好きスタイリスト江見真也です。

 

さて今日もゑみや洋服店の007ミュージアムより、

超激レアグッズをご紹介しちゃいます。

 

最新作007スペクターの劇中では様々なカーチェイスが繰り広げられます。

その中でも夜のローマで繰り広げられたカーチェイスは最も激しいものでしょう。

この時登場するビークルは、

ジェームズ・ボンドが駆るシルバーの「アストンマーティンDB10」と、

超肉体派なボンドの強敵ヒンクスが駆るメタリックオレンジの「ジャガーC-X75」

↑まずはロケの風景を御覧ください。

 

ビークルの詳細はまた別の機会に話すとして、

この深夜のローマの街を通行止めにして行われたロケは、

かなり大規模で、なんと8台のアストンと7台のジャガーが使われたそうだから驚きです。

 

さて今回のレアグッズは、

敵役のヒンクスが運転するジャガーC-X75!!!

 

 

のキーチェーンです(笑)

IMG_20170625_161134599

どこにでもありそうなキーチェーンですが、どこがレアなのか…

 

このキーチェーンは当店のお客様で、

大のボンドフリークな田中様よりいただいたもの。

今回のスペクターで初めてオフィシャルパートナーとなった、

ジャガー・ランドローバー社が行った封切りよりも1ヶ月以上前に行われる、

特別試写会でプレミアムとして配られた非売品!なのです。

大切なことなので繰り返します。

非売品!なのです。

 

「非売品」なんと素敵な響きなのでしょうか(笑)

 

特別試写会に招待され、参加した人のみがもらえるキーチェーン。

超レア具合がお分かりいただけたでしょうか?(笑)

 

これがその特別な招待状!(ボクが招待されたわけではないので念のため)

IMG_20170625_161339686

小さいながらずっしりと重いシルバーボディ。

IMG_20170625_161134599

裏面には007の刻印と、Jaguar Land Rover Ltd.の文字

IMG_20170625_161117836

こんなしっかりとした化粧箱に…

IMG_20170625_161207794

このように収められておりました。

IMG_20170625_161237363

大きさはコレぐらい。

IMG_20170625_161146708_BURST000_COVER_TOP

 

そんな貴重なキーチェーンを気前よくプレゼントいただいた田中さまありがとうございます。

実はコレ以外にもいろいろいただいちゃってますが、ボチボチご紹介しますね〜

 

というわけで、今日も商売に全く関係のない007話でした〜(笑)

 

店頭奥のコーナーに展示してますので見に来てね〜

一番モテるジェームズ・ボンドは誰だ!

007大好きスタイリスト 江見真也です。

 

007シリーズを語る上で外せないのが「ボンド・ガール」の存在です。

ボンドを助け、ときには窮地に陥らせたりする魅惑の存在。

 

毎回、ボンドガールを楽しみに映画を観る方もいるのではないでしょうか?

(もちろんボクもその一人ですが(笑))

 

過去には日本人をはじめ、様々なタイプのボンドガールが登場しますが、

勝ち気で、知的な美女が多いように思います。

そんな勝ち気で男前的な美女たちを

ボンドは力強さと魅力で虜にしていく当たりは痛快です(笑)

 

さて、そんなモテ男の代名詞とも言える、ジェームズ・ボンド。

シリーズ24作品すべてでモテまくる?わけですが、

その中でも最もモテたジェームズ・ボンドが存在します。

 

そのジェームズ・ボンドとは一体誰なのか!?

ボンドシリーズ第6弾「女王陛下の007」のジェームズ・ボンドなのです。

o0400056513381112052

ただこの一回だけジェームズ・ボンドを演じた

ジョージ・レーゼンビーがボンド役を引き受けた作品で、

この作品の前後はショーン・コネリーがボンド役でした。

George Lazenby as James Bond in ON HER MAJESTY'S SECRET SERVICE, 1969

このジョージ・レーゼンビーは知名度では最も低いボンド役者でしょう。

実は全くの演技経験の無い元ファッションモデルから大抜擢された役者だったのです。

歴代ボンドの中でも最も若い(当時30歳)役者で独自の世界観を表現したボンドでした。

 

劇中モテ男のボンドも本気で恋におちる、当時の007シリーズとしては珍しい展開で、

シリーズの他の作品では通常2〜3人の女性と関係を持つのが普通なのですが

この作品に至ってはメインのボンドガール以外に8人の美女が登場し、

また、ボンドはそのすべての女性と関係を持ったような描写が出てくるから凄い(笑)

 

シリーズ24作品の内最もモテたジョージ・レーゼンビーボンド。

劇中ではモテたようですが、

スター気取りで共演者との不仲や

自ら降板したなど

いけ好かない態度はあまりモテていなかったようですね。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

ジェームズ・ボンドのモデルは原作者のイアン・フレミング?!

どうも!007大好きスタイリスト江見真也です

今日も007四方山話を書いてみたいと思います。

 

007シリーズの原作者といえばご存知イアン・フレミングですが、

彼は実は戦時中に英国情報部員だったそうです。

Ian-Fleming-bronze-bust-by-sculptor-Anthony-Smith

↑イアン・フレミング生誕100周年を記念して作られたブロンズ像

 

なので、ボンドのモデルはイアン・フレミング本人では無いかと言われているのですが、

実際のところ彼の仕事はボンドのように現場で活躍する仕事ではなく、

本部での作戦立案担当だったそうな。

 

むしろ、イアン本人ではなく彼が作戦で監視役を努めたMI6の工作員の一人、

ドゥシャン・ポポヴがモデルでないかと言われています。

 

また、ジェームズ・ボンドという名前は当時実在した人物から拝借した名前です。

 

イアン・フレミングはバードウォッチングの趣味を持っていたので、

物語の主人公を決める際に、たまたまデスクに合った本の著者の名前を拝借したようです。

 

その本がBirds of the West Indies(西インド諸島の鳥たち)という下の本です。

写真がその著書ですが、表紙の下にジェームズ・ボンドの名前が見て取れます。

cf48266bc87957c41bcd17d912f247d8

 

「ダイ・アナザー・デイ」の劇中で鳥類学者を名乗ったのは、

本物のジェームズ・ボンドへのオマージュなのです。

 

ジェームズ・ボンドの生誕トリビアでした〜

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

Home > 007四方山話



カレンダー
« 先月 2017年 6月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン