ゑみや洋服店

Home > 仕立屋二人組珍道中 ピッティー編 > 14:最後の砦

14:最後の砦

シャルルドゴール空港の待合で、
夜を明かす寸前まで
追い詰められた仕立屋二人組み

このエアフランスの
日本語サポートデスクとの通話を切った時点で、
ボクらは明日朝まで
コミュニケーションの取れないフランスの空港で
不安な夜を迎えなければならないのである。
(まあ、男二人なのでそれほど大げさなことも無いのですが…)

そこで、ダメもとなので、
電話が繋がっている間に
日本語が通じる間にもう一粘りしてみることにした。
まさに最後の砦である。

ボク
「どこかでご飯食べてた訳でもなく
結構走ってEターミナルから
Gターミナルまでやってきたのです。
それでも間に合わなかったんです。
日本からの到着も30分以上遅れてるし、
出発する飛行機に待てとは言いませんが、
宿泊のサポートお願いできないですか?」

サポートの男性
「宿泊のサポートですか?
たとえばどのような…」

おお~ちょっと脈ありそう!と感じたボクは
「ご承知のとおり、
日本語サポートが無いとコミュニケーションが取れない
語学力も無い二人組みの旅行者です。
ホテルを取れと言われても
おそらく取ることすらできないでしょう。
ホテルの手配とそこへのたどり着き方を
教えていただけませんでしょうか?
できれば宿泊の面倒も見ていただけると
もっと嬉しいですが…」

サポートの男性
「そうですか、わかりました。
ちょっとお待ちいただけますか?
現場のトップはダメだと言っていますが、
今の状況と用件をもう一度
上のものに掛け合って見ます。
少しお時間がかかると思いますが…」

との嬉しいお返事を頂いたのだ。

ボク
「ありがとうございます!
ぜひ、よろしくお願いします。
どうせ行く所も無いので待ちます。
くれぐれも手厚いサポートよろしくお願いします。」

という訳で受話器を返し、
しばらくまたGターミナルのカウンター前で
待つこととなった…

↑Gターミナルのカウンター前

結構長く感じたのだが、
待つこと15分。

とてもとても難しい顔をしたGカウンターのボスが
ボクら二人を手招きし呼びに来た。

そして先ほどとは違う携帯電話を差し出し、
「出ろ」とジェスチャーする。

電話に出るとそこには
先ほどのサポートの男性の声が聞こえた…

Home > 仕立屋二人組珍道中 ピッティー編 > 14:最後の砦



カレンダー
« 先月 2018年 11月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン