ゑみや洋服店

Home > 仕立屋二人組珍道中 ピッティー編 > 43:Tourist Tax ってなんじゃ?

43:Tourist Tax ってなんじゃ?

とうとう帰国の朝を迎えた二人組み。

早々に朝食を済ませ、
スーツケース他重い荷物を引きずってチェックアウトに向かう。

室内のドリンクバーの精算は、
ミネラルウォーター2本分だけだったはずが…
ん?「4ユーロ×3日=12ユーロ」って何?

訳のわからん精算項目発見!

計算書の項目を見ると「Tourist Tax」
ツーリスト=旅行者
タックス=税
すなわち「宿泊税」だそうな…

旅行者がイタリアの都市で宿泊する場合、
宿泊するだけで徴収される税金だそう…
さすが観光立国である。

そういえばチェックインのとき
「ワンデイ フォーユーロ」
とかなんとか言ってたような気が…

旅行者から有無を言わさずむしりとる税金。
神戸も導入したらいかがかな~
とか思いながらしぶしぶ精算したのだった(笑)

フロントでタクシーを呼んでもらい、
まもなく到着したタクシーに乗り込み、
一路フローレンス空港へ…

タクシー料金は市内より空港までは一律20ユーロ。
コレにトランクに積む荷物の個数×1ユーが加算される。
トランクに積んだ荷物は4コなので24ユーロのはずがなぜか26ユーロ

市内でタクシーに乗ると、
観光客はすぐ遠回りされたり、こんなことが山ほど起こる。

もう、交渉するのもめんどくさくなり(できないのだが…)
チップだと思ってくれてやることにした(笑)

空港に到着し、ARRIVALの看板を見つけ、
チェックインの列に並ぶ二人。

荷物の重量ばかりが気になりながら、
とりあえず並びカウンターまで進み、
計量の台の上にスーツケースを載せようとすると、
チケットプリーズと…

そういえばチケットを発券していなかったのに気づく(笑)

カウンターの背の高いお姉さんが、
自動発券の機械まで連れて行ってくれ、
慌てて発券し、再び列に並びなおすのであった…。

心配していた荷物はあっけなく通過し、
搭乗ゲート前で1時間ほど待ち搭乗。

いよいよ帰国のフライトのスタートである。

Home > 仕立屋二人組珍道中 ピッティー編 > 43:Tourist Tax ってなんじゃ?



カレンダー
« 先月 2018年 11月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン