ゑみや洋服店

Home > 仕立屋二人組珍道中 ピッティー編 > 35:異変が…

35:異変が…

基本的に朝は強いほうではなく、
むしろかなり弱いほうなのであるが、
旅行に来ると目覚まし時計もいらず
毎朝5時までにすっきりと目覚めるのが不思議である。

そういえば一つ書き忘れていたことがあったので、
話をフィレンツエで迎えた最初の朝に戻そう。

前日の昼にようやくフィレンツェにたどり着き、
ビアンコロッソで3人で作戦会議を行った翌朝のことである。

ホテルで5時にすがすがしく目覚めたボクは、
ある異変に気が付いた。

「ゲゲゲ!声がでない…」

もともと、日本を経つときに少しのどに違和感があり、
飛行機の機内は乾燥するのでマスクを大量に持参していた。

なので常に機内や就寝時にはマスクを装着してはいたのだが…

ヨーロッパは日本に比べ
乾燥がひどいこと、
街がホコリっぽい

それに加えてホテルの部屋のエアコンによる乾燥、
その上、ワインの飲みすぎ?
極めつけは、エアフランスとの交渉?(笑)

そんないろいろな条件が重なって
ただでさえ、コミュニケーションが取れないイタリアの地で、
声まで奪われてしまったのだ。
(どうせ通じてないのであんまり変わらないのかも知れないが…)

というわけで、みなさんからアドバイスを頂いた、
ホテルでのどをやられないための方法をまとめてみる。

① バスタブにお湯を張ったまま寝る。
② バスタオルをぬらして部屋にかける
③ 部屋に水をまく
④ 顔にはクリームやリップバームを塗る

実際に初日も濡らしたバスタオルは吊っていたのだが効かず、
翌日の夜は部屋にはバスタブが無かったので
床に打ち水をして寝たのである。

一度つぶれた声はすぐには戻ってはこなかったが…

Home > 仕立屋二人組珍道中 ピッティー編 > 35:異変が…



カレンダー
« 先月 2018年 9月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン