ゑみや洋服店

Home > 仕立屋二人組珍道中 ピッティー編 > 31:ピッティ レポート その⑤

31:ピッティ レポート その⑤

今回のピッティ訪問は、
以前より世界最大級のメンズの見本市
この目で、肌で感じたいという長年の願望が
かなえられたのである。

基本的にメンズだけの見本市自体、
世界中であまり行われておらず
(衣料品全般というのはあるが…)
訪問した人に聞いた情報以外の情報も無く、
ただただ想像の域を出ないものであった。

しかしやはり百聞は一見にしかずというが、
実際に訪れて、まずそのスケールと会場に驚いた!

ボクの想像の中の見本市は、日本で行われる会場…
「ビッグサイト」などのような大きなホールを仕切って、
ブースをたくさん作り企業が出展する。

というありきたりのもの。

ところがピッティはバッソ要塞という
広大な史跡で行われているのです。

↑バッソ要塞内部(ピッティーウォモ会場)

余談だが、もともとイタリアは敵の侵入を防ぐ為に、
街ごとに城壁で囲まれていたそうで、
このバッソ要塞はその守りの要だったような所だそうです。

↑五稜郭のような敷地。周りは城壁で覆われている。

そんな広大な土地の史跡で行われる見本市…
乱暴な表現をするとすれば、
大阪城とか御所とかで洋服の見本市が行われる感じ…
(ちょっとちがうかな(笑))

さておき、その中の大小の建物すべてが、
見本市の会場となっており、
小さい建物では1企業(1ブランド)が借り切って、
ブースを展開したり、
最も大きな建物のメイン会場は3階建+地下の4層になっており、
500社近い企業やブランドがその建物のフロアごとに
似通ったブランドが集められている。

50坪以上の大きいブースから、
タタミ1畳の小さなブースまでさまざま。

シューケアのコロンブスのブースにお聞きしたところ、
場所にもよるが3坪弱のブースが4日間で90万円だとか…

そして、そのガイドブックたるやなんと厚さ約3cm!

↑左にあるのがガイドブック、出展1043社の詳細とブースの場所が書いてある。

そして各ブースを訪れると、
ほとんどのブースで入場の際に渡されたIDタグのバーコードを、
入口でスキャンされ、
訪問者の情報がブースの企業に流れる仕組みになっている。

広大な敷地と史跡。
そして会場を埋め尽くす伊達男達!

ピッティは見本市と言う名のお祭であり、
それに参加することで、
ファッションの素晴らしさと可能性を改めて再確認した
そんな素晴らしい機会でした。

いやあ~ホントに行ってよかった!

————————————————————-

ゑみや洋服店の最新お買い得情報や、
イベント情報をいち早くお送りする、
「ゑみや洋服店NEWS」(メルマガ)が創刊いたしました。

メルマガとブログだけの特別なイベントも行う予定です。
下記のフォームよりご登録お願いします!

メルマガ登録・解除
ゑみや洋服店NEWS
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Home > 仕立屋二人組珍道中 ピッティー編 > 31:ピッティ レポート その⑤



カレンダー
« 先月 2018年 11月 翌月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン