ゑみや洋服店

Home > Column

Column Archive

「もしかして胸ポケットに携帯電話入れてませんか?」モテるビジネスウェアの着こなし講座10

記念すべき連載10回目。
いつも読んでいただきありがとうございます。
それでは、『モテるビジネスウェアの着こなし講座』
今回も張り切っていきましょう。


スーツのジャケットに付いているポケットのお話です。

ポケットと一口で言っても一着のジャケットには、
胸ポケット、腰ポケット、内ポケット、
ペン刺し、タバコポケット
と約5種類のポケットがあります。

今回お話するのはその中でも着用していて見える部分、
胸ポケットのお話です。

まずは胸ポケットですが、
わずかな違いですが「箱型ポケット」「船型ポケット」があります。
 
この違いは英国調のブリティッシュスーツには「箱型」
イタリア調のクラシコスーツには「船型」と分類されます。

スーツのテイストに応じて選ぶのが基本です。

大切なのは何のために、何を入れるためにあるのかです。
 
よく見かけるのが胸ポケットに携帯電話やペンを刺している人ですが、
基本的にはNGだと思ってください。

もともとはモノを入れるためにできたものですが、
現在のスーツは当時のものに比べ柔らかい生地と柔らかい芯地を使用しているため、
実際に重いものや大きいものをポケットに入れるとスーツが型崩れを起こします。

ペンなどはその為に内側にペン刺しがありますのでそちらを使う方がスマートです。

胸ポケットに入れるものとしてぜひオススメするのがポケットチーフです。 

使うためのハンカチではなく、
あくまでも飾りとしてのハンカチをさりげなく入れるだけで
装いの格が数段あがるのです。

基本的には白やシルバーのポケットチーフでOKですが、
シャツなどの色と合わせることで、
オシャレ上級者に見える手ごろなアイテムでもあります。

また、先ほどペンは内ポケットへ…と書きましたが、
特徴のある万年筆などをいやらしくない程度に刺すのは、
逆にこだわりが見え、とてもオシャレに見えるテクニックです。

間違っても100円均一で買ったペンを
胸ポケットに刺さない様にお願いしておきます。(笑)

「背中のベント(切れ込み)が歴史を語る」モテるビジネスウェアの着こなし講座09

モテるビジネスマンのための着こなし講座9回目は、
ジャケットの背中の裾口にあるベント(切れ込み)のお話です。

背中のスソ口の仕様には大きく分けて3つの種類があります。
(アメリカントラディッショナルのジャケットには
フックベントという仕様がありますが今回は省かせていただきます。)

まずは昨今のスーツでは最もポピュラーな、
背の真ん中が割れているセンターベント

同じくポピュラーなのが背の両サイドが割れているサイドベンツ

そして、全く割れていないノーベント仕様です。

もともとこのベントの役割りは
ジャケットの裾口を割ることに
より動きやすく実用的にしたものです。

諸説ありますが、センターベントを入れるのは
乗馬狩猟の際に馬にまたがりやすく、走りやすくするため。

また、サイドベンツは衛兵が剣を抜き差ししやすく設計されたので、
両サイドが割れていると言われています。

ベントのルーツにはこのようにスポーティーな意味合いがあり、
フォーマルな場面で切る普通の着丈のタキシードなどのジャケットは
背中を割らずノーベントで作成するのがルールとなっています。

そんなベントが現在ではビジネスのシーンにおいて、
動きやすいビジネスウェアとして標準的に割るようになったのです。

それではベントの選び方ですが、
ビジネスウェアのベントに相応しいものとしては
センターベントもしくはサイドベンツのどちらかとなります。

センターとサイドの選択の基準はあくまでもお好みですが、
印象としてはセンターベントの方が大人しくフォーマルな印象、
サイドベンツは快活で少し華やかな印象となります。

ただし、特にお尻の大きい方は
サイドベンツが跳ねてしまいお尻の大きさを強調してしまいますので、
センターベントをオススメさせていただきます。

それでもサイドベンツが着たいという方には、
ベントの切れ込みの深さを調整させていただくことで、
目立ちにくくすることも可能です。

自分のスーツはどちらがいいのかとお悩みの方は、
ゑみや洋服店までご相談下さいね!

「袖口のボタンはただの飾りではありません。」モテるビジネスウェアの着こなし講座08

さて、この講座も早いもので8回目です。

ここからは、スーツやジャケットのディティールには、
すべて成り立ちと理由があるというお話をしたいと思います。

その一回目の今日は、ジャケットの袖口についてです。

既製品でもオーダースーツでも
一般的にビジネスに使用するジャケットの袖口には
必ずボタンが2~5個付いていると思います。

なぜ、ボタンが付いているのか考えたことがある人は少ないかと思います。

アクセントのための飾りだと思っている方が多いと思いますが、
実際のところはちゃんとした理由があるのです。

ここでも又「シャツは肌着」のお話が登場します。

前々回にお話したとおり、
肌着であるシャツを見せないようにジャケットを着用するわけですが、
そんな時どうしても袖口が汚れそうな作業を余儀なくされる場合があるかと思います。

基本的にはジャケットは脱げないのですから、腕まくりをするわけです。

そんな時に袖口のボタンを開ければ、
袖口が開き腕まくりがしやすくなります。

そういった理由からジャケットの袖口のボタンは
開閉できるのが当たり前の仕様なのです。

このように袖口のボタンが開閉できる仕様を
「本切羽(ほんせっぱ)」と言います。

もともとスーツはオーダーメイドで作成されていたため、
その人に合わせた袖丈で作成するのが当たり前だったので、
本切羽仕様は当たり前でした。

しかし、現在ではスーツは既製品が中心ですので、
本切羽のものはほとんど見られません。

なぜなら、腕の長い人や短い人などに対応するため、
既製品には袖丈の調整がついてまわります。

もし既製品のジャケットを本切羽仕様にすると、
袖口でのお直しができなくなってしまいます。

なのでほとんどの既製品の袖口は本切羽ではないのです。

そんな袖口に見慣れてしまっているので、
袖のボタンは飾りだと思っている方が多いんですね。

Home > Column



カレンダー
« 先月 2020年 2月 翌月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン