ゑみや洋服店

Home > 仕立屋二人組珍道中 ピッティー編

仕立屋二人組珍道中 ピッティー編 Archive

44:かかって来いシャルルドゴール空港!

無事フローレンス空港を飛び立ち、
フィレンツエの街ともお別れした二人組み。

↑フィレンツエの空港は田舎の空港って感じ(パノラマ、クリックで拡大)

飛行機は約2時間でパリのシャルルドゴール空港を目指す。

↑とりあえず朝シャン(笑)

そう、悪夢のよみがえるあの空港である。

しばし、空のたびを楽しみながら、
乗り継ぎの予習に余念のない二人。

ちなみに上のチケットはエアフランスの搭乗券なのに、
用紙はアリタリアエアライン
このあたりの感覚がイタリアフレーバー(笑)
ゆる~い感じでいろんなことが当たり前にそのようである。

お天気も最高。
景色も上々である。

今回も乗り継ぎの時間は1.5時間
遅れず順調に飛んでいるので往路よりは時間がある。
確実に経験地も上がっている
友人の話では復路の乗り継ぎは簡単

などなどいろんな好情報を集め、
今回は大丈夫と根拠は無いが自分に言い聞かす。

シートベルト着用のサインが点灯
まもなく着陸。

かかって来いシャルルドゴール空港!(笑)

43:Tourist Tax ってなんじゃ?

とうとう帰国の朝を迎えた二人組み。

早々に朝食を済ませ、
スーツケース他重い荷物を引きずってチェックアウトに向かう。

室内のドリンクバーの精算は、
ミネラルウォーター2本分だけだったはずが…
ん?「4ユーロ×3日=12ユーロ」って何?

訳のわからん精算項目発見!

計算書の項目を見ると「Tourist Tax」
ツーリスト=旅行者
タックス=税
すなわち「宿泊税」だそうな…

旅行者がイタリアの都市で宿泊する場合、
宿泊するだけで徴収される税金だそう…
さすが観光立国である。

そういえばチェックインのとき
「ワンデイ フォーユーロ」
とかなんとか言ってたような気が…

旅行者から有無を言わさずむしりとる税金。
神戸も導入したらいかがかな~
とか思いながらしぶしぶ精算したのだった(笑)

フロントでタクシーを呼んでもらい、
まもなく到着したタクシーに乗り込み、
一路フローレンス空港へ…

タクシー料金は市内より空港までは一律20ユーロ。
コレにトランクに積む荷物の個数×1ユーが加算される。
トランクに積んだ荷物は4コなので24ユーロのはずがなぜか26ユーロ

市内でタクシーに乗ると、
観光客はすぐ遠回りされたり、こんなことが山ほど起こる。

もう、交渉するのもめんどくさくなり(できないのだが…)
チップだと思ってくれてやることにした(笑)

空港に到着し、ARRIVALの看板を見つけ、
チェックインの列に並ぶ二人。

荷物の重量ばかりが気になりながら、
とりあえず並びカウンターまで進み、
計量の台の上にスーツケースを載せようとすると、
チケットプリーズと…

そういえばチケットを発券していなかったのに気づく(笑)

カウンターの背の高いお姉さんが、
自動発券の機械まで連れて行ってくれ、
慌てて発券し、再び列に並びなおすのであった…。

心配していた荷物はあっけなく通過し、
搭乗ゲート前で1時間ほど待ち搭乗。

いよいよ帰国のフライトのスタートである。

42:帰国準備開始

荷物のパッキングは帰国前日に行った。

飛行機の荷物の重量制限が厳しく、
少しでも超過すると結構な追加料金が加算される。

預ける荷物が23kg、
機内持ち込みが12kgが既定の重量である。

荷物は大型のスーツケース
機内持ち込み用のキャリーバッグ
そしてショルダーバッグ

今までの経験上、
帰りの荷物はお土産他で
必ず行きに比べて重くなる。

ワインなどはもともと重いのを承知で購入するので
ある程度考えて購入するのだが、
軽いつもりで買って
結構重くて困るのがパスタである。

今回は見本市で手に入れた
数々のカタログなどのノベルティーが重く、
思った以上に重くなりそうであったので、
お土産は最低限に押さえたのだが、
それでもかなり重くなりそうな予感である。

前回10年前のイタリア旅行の際には、
荷物が既定を超過し空港で預け入れるスーツケースを空けて
手荷物に移した苦い経験があるのだ。

そんなこともあり、衣類のインナーに着るものやソックス
タオルなどは捨てても良い古いものを持っていき、
順次捨てていくことで荷物のかさは減らすようにしていた。

スーツケースの重さの半分が
キャリーバッグの重さという目安で詰め込んでいく。

持ってみると結構重くかったが、
ホテルにハカリがあるわけでもなく、
確認のしようも無い訳で…

いよいよ明日は帰国。
早朝から「ホテルのチェックアウト」
「空港へのチェックイン」
「出国の手続き」

などなど数々の関門が待ち受けている。

プレッシャーを楽しむとしよう(笑)

Home > 仕立屋二人組珍道中 ピッティー編



カレンダー
« 先月 2018年 7月 翌月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン