ゑみや洋服店

Home > 新入荷情報

新入荷情報 Archive

英国老舗マーチャントより春に向けて新しいバンチブックが届いたぞ!

2018年春夏モノの新しいボディ(生地品質)のバンチブック(生地見本帳)が

ハリソンズオブエジンバラより3冊も届いたのでご紹介いたします。

2018-02-02-17-42-34

 

赤いバンチブックが印象的ですね!

 

 

昨今のビジネスウェアの流れとしては世界中で、よりクラシックに、

よりベーシックに英国調が支持されつつあり、

英国生地が再び脚光を浴びつつあります。

 

今回も新ボディの新バンチということでとても楽しみです。

今日はその中で2種類の生地をご紹介します!

 

まず一つ目は…

IMG_20180202_173903270_HDR

 

「Spring Ram(スプリングラム)」です。

 

チェビオットウールという英国の固有種である羊の原毛を50%以上使用し、

2PLY、3PLYという強撚糸に紡績し、

355/375gmsというしっかりとしたヘビーウェイトの目付けで

昔ながらの英国生地のリバイバルのような生地に織り上げた、

マニアにはたまらない生地となっています。

 

その特徴は、ヘビーウェイトの生地ならではの重量感と、

独特なザラッとした手触り。

そして、強撚糸ならではの防シワ性と耐久性を誇ります。

IMG_20180202_184758997_HDR

原毛の採取から製織、仕上げまでの工程を、

英国生地の聖地「ハダースフィールド」近郊20km圏内で行っており、

地域に根ざしたものづくりと、エコの側面からも高い評価を得ています。

 

真冬以外の季節のトラベルスーツや、ブレザー、パンツにも幅広くおすすめしたい、

 

そして2つ目のバンチブックは…

IMG_20180202_174317338_HDR

 

「REQUIEM(レクイエム)」です。

 

こちらのボディは従来どおりのメリノ種のウールを

220/240gmsというライトウェイトに織り上げたサマースーティングファブリックです。

 

英国の老舗マーチャントが贈るライトウェイト生地の特筆すべきは、

このウェイトでも緯(横)糸に双糸を使用しているところです。

(通常このウェイトの生地は横糸は単糸がほとんど)

IMG_20180202_184913201_HDR

経、緯糸とも双糸で織り上げた生地は、

生地の目付けがしっかりしているお陰で、

縫製後の仕立て映えにも大きな影響を与えています。

 

盛夏の時期にもスーツ着用を求められるビジネスマンに

抜群の清涼感と快適な着心地を…

というハリソンズからのメッセージにも納得な生地です。

 

どちらも、全く違う性質の生地ながら、

クラシックな英国調の色柄と、歴史の重みを感じさせる生地です。

 

長く、愛着を持って使用いただけるスーツファブリックです。

ぜひ、店頭でお手にとってお確かめください。

サイモン・カーターのリストウォッチ入荷しました!

当店でも取扱している、キングオブカフリンクスと呼ばれる「サイモン・カーター」

日本にはあまり入ってきておりませんが、

さまざまな小物を制作しているそうです。

IMG_20180202_160522591_HDR

その中でも特にレアなリストウォッチがゑみや洋服店のロンドン営業所?より

直送で送られて来たのです。

18-01-20-10-39-09-010_deco_optimized

実はゑみや洋服店の元スタッフが現在ロンドン在住しておりまして、

常に素敵な小物の出物にアンテナを張ってくれています。

ほんとにありがたい限り!ありがとうー!

 

さておき…

今回入荷したリストウォッチは、

今流行のでっかいサイズの文字盤ではなく、

ロンドンらしいクラシックなサイズの男女兼用でもご利用いただけるサイズの腕時計です。

IMG_20180120_105952780_optimized

文字盤は一見クロノグラフのように見えますが、

4つの針はそれぞれ月、日、曜日、24時間を表すカレンダーとなっています。

 

シルバーの文字盤にメタルベルトではなく黒の革ベルトが付き優しい印象となっています。

IMG_20180121_184138061_HDR_optimized

ブランドボックスもしっかりしていて、

プレゼントにもおすすめですね!

IMG_20180202_160508308_HDR

ちなみに2個限りの入荷となっていますので、

気になる方はぜひご覧になりにきてくださいね。

 

あっ!気になるお値段は…

¥32000+TAX となっております。

 

※ゑみや洋服店では入荷後電池の交換を行い、動作の確認は行っておりますが、保証、修理等は行うことができません。予めご了承ください。

遂に!念願のブレイシーズの入荷!!!

1820年に英国で創業以来、王室や世界中の著名人に愛され続けているブレイシーズのトップブランド、ALBERT THURSTON(アルバートサーストン)。

今も尚、地元による丹念な手作業にて制作される老舗ブランドです。

そのALBERT THURSTONが、なんとゑみや洋服店でも取り扱いが開始しました!

 

 

では見ていきましょう。

まずはマネキン君に乗せてみました。

IMG_5059

まるで絵画の一部を切り取ったような柄に、よく見ると柄の中のマネキンも同じようにブレイシーズを装着。

 

IMG_5099

そしてもっとよく見るとSavile RowとJermyn Streetの文字が・・・

こちらのブレイシーズはSARTORIAL(仕立て屋)の名を冠したモデルとなり、まさにオーダースーツにうってつけのブレイシーズといえるでしょう。

 

 

IMG_5061

 

次はさわやかなブルーにブルーをチェックが入ったブレイシーズ。

ネイビー系のスーツはもちろん、濃いブラウンのスーツにも合うかと思います。

 

 

IMG_5062

 

伝統柄である小紋柄。

カジュアルだけでなくブリティッシュなスーツにとても合わせやすいブレイシーズです。

 

 

IMG_5063

ブラックのバックにグレーでのラインのブレイシーズ。

こちらもビジネスでとても使いやすいブレイシーズですね。

特にグレーのスーツとの組み合わせは安定していてとてもお洒落だと思います。

 

 

IMG_5066

エンジのベルトにゴールドのクリップとダイヤが配された上品な仕様です。

今回の入荷の中でも唯一、革の部分もナチュラルカラーとなっており、よく明るくポップなオーラを醸し出しております。

 

いまお持ちのベルト用のパンツでもお使いいただけるようにクリップが付いており、ほとんどのパンツにご使用いただけるのですが、本来はブレイシーズ専用のベルトループ無しのパンツ(帯裏にボタンがあるタイプ)に装着するのがかっこいいです。

ブレイシーズを使うと、常にパンツの位置が一定に保たれるのでパンツがいつの間にかずれ落ちるだけでなく、パンツのクリースライン(折り目)が綺麗に出ます。
より脚長効果が強調されますね。
形はY型、両肩で支えて背中で1本にまとまるタイプです。

つまりかっこいい!

これ重要。

 

IMG_5069

 

ちなみに、日本ではアメリカ英語としてサスペンダーと呼ばれますが本来英国ではサスペンダーはガーターベルトなど靴下を吊るすベルトを指すようです。

ここは本来のブレイシーズと呼びましょう(笑)

 

今回は写真に載っている5本のみの入荷です!
ぜひ!

経免でした!

Home > 新入荷情報



カレンダー
« 先月 2018年 5月 翌月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
管理者情報
Valid XHTML  
ログイン